事務的な面での介護

ケアネットメッセンジャーの特徴を知りたいのであれば、こちらをチェックしてみましょう。様々な介護伝送ソフトと徹底比較しています。

快適にヘルパースケジュールを管理する方法

居宅介護支援事業を行っている事業主や、ケアマネージャーの方は、受け持っている利用者のヘルパースケジュールをしなければならないこともあります。 そして、そんなヘルパースケジュールを作成したり管理するときには、介護ソフトというものを利用すると、その作業や管理が非常に簡単になってきます。 特に最近のヘルパーについては、三十分単位で細かく利用されるケースも増えており、それだけにそのスケジュール管理が大変になることも多いです。 ですが、介護ソフトではそれらのスケジュールの予定の追加や削除、表示などが容易に行え、更に、単価設定や給与明細と支給額まで自由に設定して出すことが出来ます。 サービス内容も身体介護から家事援助など予め項目が表示されていますので、使い勝手もよく入力する手間も少ないです。

ソフト自体の料金はいくらが相場か

そんなヘルパースケジュールを管理できる介護ソフトの価格とその相場ですが、通常のヘルパースケジュール管理ソフトなどを導入すると、初期費用とした1〜5万円前後に加えて月額利用料金がヘルパーの稼働人数に応じてかかってきます。 業者ソフトによって、もっと安かったり高かったりすることはありますが基本的には月々、受け持っている利用者の人数の一人頭千円前後の料金で使えるソフトが多いです。 一人のケアマネージャーが持てる人数については40件を超えることは現在は法律的に出来ませんので、その専用の介護ソフトは、登録料は別としておおよそ月々5万円前後の利用料金で使えます。 予定などのスケジュール管理がしっかり出来ていないと、ヘルパーが高齢者の自宅に間に合わなかったりといったトラブルも起きてきますので、ヘルパースケジュールを管理するのならそんなソフトを利用するのが確実です。

段差の解消

近年では、多くの方が車椅子を利用するようになりました。そのため、車椅子の方に対する配慮も今まで以上に必要になってきます。現在積極的に導入されているのが段差解消機で、福祉のためにも試しに導入してみるのも良いでしょう。

高齢者を支える

介護リフォームを行なうことで高齢者の方やその家族が安心してくらせるようになります。なぜなら、高齢者の方は小さく転んだだけでも骨折などの虞があるのでしっかりとリフォームしましょう。