介護アイテム

今後の動向についての予測

現在、日本は4人に1人は65歳以上の高齢者と言われており、今後も増加の一途をたどることが予想されています。 高齢者が増えると、その分介護が必要となる人が増えることを意味しており、現在でも多くの人が自宅や高齢者施設で介護を受けながら生活をしています。 高齢者が介護が必要となるには身体機能の低下や認知症など様々なことが考えられますが、脳梗塞などを発症した場合には、半身不随などの重大な後遺症が残ってしまうことがあり、介護が必要になる割合が高くなります。 現在でも介護を受けられる高齢者施設が多くありますが、高齢者の増加とともに少子化や核家族化などの影響もあり、自宅で介護を受けながら生活する人よりも施設へ入所する人の割合が高くなると予測されます。

介護をする上で注意すべき点

脳梗塞などの後遺症で手が不自由になってしまうと、食事をする際に食べこぼしや飲みこぼしが多くなってしまいます。そのような場合、食事用の介護エプロンを使用すると衣類や寝具の汚れを防ぐことが出来ます。 食事用介護エプロンは防水加工もされていて、介護者にとっては大変便利なものですが、要介護者の自尊心を傷つけないように配慮することも大切です。 特に病院や施設などにおいては、人目を気にする人も少なくありません。介護が必要な身体になったとしても本人の意思を尊重することが大切です。 また、介護エプロンには、要介護者が使用するものと介護者が使用するものがあります。 介護者が使用する介護エプロンには、入浴時用や食事用など様々な種類のエプロンがあります。