高齢者を支える

介護のためのリフォームとは

介護リフォームとは、介護が必要になった人とその家族が行うリフォームです。今までは普通に不自由なく生活を送っていたはずの家の中でも、歳をとると、小さな敷居や段差でも障害物となってしまい、自分で思ったように行動できなくなってしまうことは多いものです。高齢者は骨折しやすいため、その小さな段差でつまずいたり転んだりすることがきっかけで、寝たきりになってしまうこともあるのです。介護リフォームをしてバリアフリーにすることで、そのような事故を防ぐことができます。 介護リフォームをする時は、業者選びには十分注意が必要です。危険だからここも工事した方がいい、などと言って必要以上にたくさんのリフォーム工事を行ったり、リフォームが終わった後、手抜き工事であることが分かったり、というケースも多いのです。

介護リフォームは補助金が受けられます

介護リフォームは、補助金が受け取れる場合があります。補助金の対象となるのは一生涯で20万円までの工事と決まっていて、その9割の補助金を受け取ることができますが、転居した場合や、要介護ランクが3段階以上上がった場合など、再度補助金が受けられる場合もあります。 補助金が受けられる介護リフォームには、手すりの設置、段差の解消、床材の変更、開き戸から引き戸への変更、和式トイレから洋式トイレへの変更などがあります。 介護リフォームを行うことで、家の中が安全になるだけでなく、自分で動けるようになれば、家族の介護の負担も減ります。また、自由に動けることで、本人にも、介護する家族にも精神的に余裕を持つことができるというメリットもあるのです。